患者さまの生活のために、安心できる医療・介護の提供に努めてまいります

よくあるご相談

●ご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

診療についての疑問

在宅療養支援診療所とは何ですか?
2006年4月より新しく発足した制度であり、「24時間体制で在宅医療に取り組む診療所で、かかりつけの患者さまに緊急連絡先を伝えることが義務付けられています。また、緊急の場合に入院先となる病院を準備しておく必要があり、在宅医療を受ける方々の安心をサポートするシステムです。
往診と訪問診療の違いは何ですか?
往診は、患者(利用者)さまの求めに応じて臨時で行う場合であり、訪問診療は定期的に予定を立て自宅に伺い健康管理を行っていくものです。そのため、当クリニックでは、訪問診療が中心となり、その経過の中で、臨時にお伺いする場合には往診となります。
どういう体制で訪問診療を行っているのですか?
当クリニックでは原則として、月2回以上の定期訪問診療を行っております。理由としては、きめ細かな対応をすることで状態が悪化する前に対応が可能になるからです。
また、さまざまな科目の医師によるチームを組み、診療体制を整えております。心臓・呼吸器・消化器などの様々な疾患への対応が可能です

PAGE TOP

緊急時の対応

夜間や休日に具合が悪くなった場合には?
まずはお電話にてご様子をお知らせください。しかるべき対処方法をお伝えすると同時に、必要により往診させていただきます。また、急を要する病態の場合は、病状を伺ったのちに救急車の手配を行うなどの対応を行います。もし受入先の医療機関が見つからない場合は、連携先である「ちくさ病院」にて対応いたします。24時間対応していますのでご安心ください。

PAGE TOP

入院について

万一、容態が悪化し病院での入院治療が必要になった場合は?
病院での入院治療が必要になった場合に備えて、近隣の病院などと連携を行っております。もし、これまでにこのほかの医療機関でのご入院やご通院の履歴がある場合、また、緊急時の入院希望先がある場合には、予め当クリニックまでお申し付けください。

PAGE TOP

費用について

どのくらいの費用がかかるのですか?
診療報酬として決められた金額です。
医療保険においては、1か月に2回の訪問診療で院外処方箋を交付する場合、施設入居の場合は、1割負担の方でおよそ1,800~5,900円(重症度や居住施設へ当クリニックから訪問診療を行っている人数によって異なります。)、3割負担の方はその3倍となります。
その他に、採血検査、心電図などの検査を実施した場合は別に費用がかかります。また在宅酸素等の医療機器を使用する場合も、医療保険に含まれますが、別に負担金が加わります。また介護保険における居宅療養管理指導(医師による)が月500~600円程度かかります。詳しくはお気軽にご相談下さい。
また、交通費が1か月500円、緊急往診の場合は1回1,000円かかります。
診察料などはいつ払うのですか?
1か月毎にまとめて徴収させていただきます。

PAGE TOP

(平成28年12月末現在)
・提携施設数/46施設(多くは名古屋市内)
・登録患者数/1,687名(個人宅を含む)
・看取り患者数/154名/年
・看取り率/56.8%

外来診療時間

日・祝
  9:00

12:00
14:00

17:00

診療科目

内科、アレルギー科、腎臓内科、代謝内分泌内科

  • 訪問範囲
  • 採用情報
  • 医師紹介
  • 広報誌すいどうみち
  • ちくさ病院
  • アイリスちくさ内山
  • ぬくもあ
ちくさセントラルクリニック
〒 464-0850
名古屋市千種区今池4丁目401番地
玉置ビル2F
TEL:052-733-7276/FAX:052-733-7277
●公共交通機関で来院される方へ
地下鉄 東山線・桜通線 今池駅 3番出口 徒歩3分
●自動車で来院される方へ
名古屋駅より桜通を東へ直進(栄・東山方面) 約10分
※ちくさ病院西側のタイムズ駐車場をご利用ください。
マップ